タクシードライバーの給与の実際のところ

タクシードライバーは薄給というイメージを持たれている方も多いかと思いますが、実は案外そうでもないんです。

しっかり真面目にやれば年収500万円くらいは十分可能です。

なかには年収800万円くらい稼ぐような方もいますが、そこまでいくにはそれなりの経験を積まないと難しい場合も多いのですが、年収500万円くらいであれば少なくない人数のタクシードライバーが達成しています。

現在の日本人の会社員の平均給与と比較してみても良い方ですよね。

では具体的にタクシードライバーの給与体系を見ていきましょう。

東京都タクシードライバーの平均年収は404万円

タクシードライバー平均年収300万円のウソ で詳しく説明していますが、

一般的に発給だと言われているのは閑散とした乗客の少ない地方都市のタクシードライバーも沢山いらっしゃるから

年収の平均値が下がっているだけで、東京都を始め首都圏大都市や大阪・名古屋などのタクシー運転手の年収は404万円と一般的な会社員と同程度なんです。

タクシードライバーの給与体系は歩合制

多くのタクシー会社で取り入れられているのがこの出来高制の給料形態になります。
つまり、沢山のお客さんを乗せて走るほど、給料が沢山もらえるシステムになります。

歩合率は会社にもよりますが、大体が60%前後と比較的高い割合となっております。

歩合制のタクシー給料体系で稼ぐことは実は難しくない

歩合制と聞くと、ちゃんと安定して稼げるのか分からないので、

「まったく給料が出ない月があったらどうしよう。。。」と不安になる方も多いかと思います。

でも実際に安定して稼げないのであれば、こんなに沢山のタクシードライバーがいるはずないですよね。
(日本の労働人口の160人に1人がタクシードライバーで生計を立てています。)

タクシーの求人が昨今多いのは稼げなくて辞めている人が多いからというよりも、年輩の運転手が多いから年齢が理由で退職してるケースのほうがほとんどだったりします。

 

ではタクシーの歩合制で稼ぐのがどのようなものなのか、ちょっとシミュレーションしてみましょう。

[年収468万円稼いでいるタクシードライバーの場合]
一般的な歩合率60%程度で計算してみましょう。

まず年収468万円は12ヶ月でわると、1ヶ月39万円となります。

隔日勤務だった場合の一ヶ月の勤務日は12~13日になるので、

39万円 ÷ 13日 ÷ 60% = 50,000円

一日の売上が5万円となります。

1回の乗車運賃が平均2,000円くらいだったとすると、

50,000円 ÷ 2,000円 = 25人

1日に25人の乗客を乗せることになります。

休憩3時間を除くと、1日15時間ほど営業することになりますので、

25人 ÷ 15時間 = 1.7人

つまり1時間で1~2人のお客さんを見つければ、月給39万円(年収468万円)を稼ぐことができる計算となります。

平均の404万円であれば、もっと少ない人数となりますね。

このようにシミュレーションしてみると、少なくとも生活に困らない程度の給与を稼ぐのはほとんど難しくないと分かるかと思います。

そしてそこから、地理をしっかり覚える、稼げる客を取れる場所などの経験を積んでいくことをしっかり努力出来る人であれば、少しずつ着実に給与アップが狙えるのではないでしょうか。

それでも未経験のうちは稼げないかもしれないし不安

確かに未経験のうちは、どこで客待ちをすれば客が取れるのか等わからないことが多いこともあるかと思います。

タクシー会社の方も、その辺りの新人サポートはしっかりしていて、

入社後の数ヶ月間は「固定給+歩合給」にしているところが多いです。

例えば「日交足立株式会社」の場合は、現在、未経験募集に力を入れていますので、

  • 1年間給料保障 毎月35万円
  • 入社祝い金20万円支給
  • 研修期間中も日給1万円保障

と手厚い待遇で募集をしている会社もあります。

各社ともに若いドライバーを積極的に採用しているので、各社それぞれ良い待遇条件があるので、エージェントの方に色々と紹介をしてもらうとより良い会社を見つけられるかと思います。

タクシードライバー平均年収300万円のウソ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タクシー業界TOPレベルの求人サイト

このページの先頭へ