タクシードライバー就職の失敗しない進め方

それではタクシードライバーとして就職する方法を詳しく説明していきます。

タクシードライバー求人に応募するのに必要な条件とは?

タクシードライバーになるために必要は条件は1点。

自動車の普通免許が取得して3年以上経っているという点です。
実際に運転していたかどうか、違反があるかなどは問われません。

実際にタクシー運転手として業務を開始するには、普通免許だけでなく「第二種免許」の取得が必要になるのですが、
これは多くのタクシー会社で採用後に会社負担で取得をさせてもらえるので心配する必要はありません。

ただ、第二種免許の取得には、普通免許の取得後3年以上経過していることが必要となります。
※もう少しで満3年になるという方であれば、応募や面接をしているうちに3年以上になるので大丈夫かと思います。

それでは具体的にどのような手順で進めていくのか見ていきましょう。

1. タクシー専門の就職サービスに登録する

タクシー運転手の勤務体系や待遇などは会社によってまちまちです。

入社してからやっぱり他の会社が良かった、、などと思わないためにも自分に合った働きやすい会社を見つけることが大切です。

そのためには1社だけでなく複数の会社を比較して検討することが必要です。

タクシー業界専門のキャリアコンサルタントに完全無料で相談できますので是非活用しましょう。

私が就職する際に利用したのが、転職道になります。
厚生労働省の許可を得て、人材紹介業免許を持って運営するタクシー専門求人サービスになっております。

こういった就職サービスは、相談者が就職に成功した際に、求人をしている就職先企業から売上があがる仕組みのビジネスですので、

利用者がお金を払うことは全くなく、完全に無料であなたの希望条件にあった求人を紹介してくれて、面接設定から入社までサポートをしてくれます。

また新聞やインターネットに掲載されていないような求人情報を数多く保有していますので、利用しない手はありません。

タクシー業界TOPレベルの求人数を持つ「転職道」がオススメです。

登録の仕方が分からない方は下記の記事を参考にどうぞ(5分くらいで登録完了です。)

タクシー業界就職なら登録必須の無料支援サービス「転職道.com」!! 登録の仕方

2. 自分に合いそうな会社を決めて応募する

登録した就職サービスのコンサルタントと電話やメールで相談しつつ、

紹介された中で気になる会社に応募しましょう。

ここでのポイントは、あまり選り好みせずに複数社に応募してみるです。

もちろん自分にあった会社を吟味することも必要ではありますが、

実際に面接の場にいってその会社の人に質問をしたりして、

具体的な会社の雰囲気を感じたり、より自分に合う合わないが分かるはずです。

3. 履歴書を書く

履歴書・職務経歴書を書きましょう。

自分が今までどんなことをして何を学んできたのか、

自分の良さはどんなところで、どこがタクシードライバーとして役に立つのか?

などを書きましょう。

タクシー会社の面接担当者は以下の様なことを見極めたいと思っていますので、

それらに対するアピールをすると良いです。

[担当者が履歴書を見て判断したいこと]

  • 接客業が出来そうかどうか(愛想よく、客を怒らせないような対応が出来るかどうか)
  • なんでもすぐ諦めて投げ出してしまう人でないかどうか
  • 健康面で問題がなさそうかどうか
  • 真面目で自己管理ができるかどうか(タクシードライバーは自由な個人労働に近いです。サボろうと思えばいくらでもサボれるので自己管理能力が必要です)

4.面接を受ける〜採用

応募企業が決まったら、キャリアコンサルタントの方に希望の日時を伝えれば、面接の設定をしてもらえます。

スーツ・ネクタイで面接に向かいましょう。

採用が決まりましたら条件面などを含めてキャリアコンサルタントから連絡が来ます。

残念ながら不採用だった場合には、再度キャリアコンサルタントと他の会社との面接設定を行います。

5.第二種免許を取得する

面接に合格して採用されたら、会社負担で第二種免許の取得を行います。

6.地理試験に合格する

営業担当地域の道路や交差点名、地名などの知識をしっかりつけるために
タクシーセンターが実施している国家資格が地理試験です。

各タクシー会社で問題集や過去問などをまとめて勉強方法をサポートしてくれます。

7.新人研修を受ける

各会社が新人研修を行っています。

先輩に同行してもらって様々なところを運転したり、

実際の業務をシミュレーションしたりといった内容です。

売上を稼ぐテクニックなど色々と質問してしまいましょう。

8.タクシー運転手として業務開始

いよいよタクシー運転手としてデビューです。

例えば「日交足立株式会社」のように、初年度は毎月35万円の給与を保証してくれる会社などもありますので、

安心して少しずつ効率的な業務を覚えていきましょう。

 

何にしてもまずは自分に合ったタクシー会社を探すところからスタートしましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タクシー業界TOPレベルの求人サイト

このページの先頭へ